fbpx

ハウスクリーニングで独立開業するなら全国フランチャイズチェーンのおそうじ革命へ

多くのメディアが注目!急成長する企業「おそうじ革命」の秘密とは

市場規模が3年で160%拡大したハウスクリーニング事業に、各業界から熱い視線が注がれています。
ハウスクリーニングとは、素人ではお掃除しにくい箇所を清掃ノウハウを持った専門のプロが、ご自宅・企業に訪問しキレイにするサービス。
近年では年々需要が高まっており、2015年当時2,000億円程度だった市場規模も、関連市場を合わせると2021年には数兆円に達すると予測されています。
その中でも、現在急成長している【おそうじ革命】の躍進する理由を代表の福井智明氏にお伺いしました。

■プロフィール:福井智明(おそうじ革命 代表取締役社長) 
ハウスクリーニングの道に入ったのは20歳の時、大手清掃会社、中小零細の清掃会社など10年間お掃除業界で学ぶ。しかし徐々に職場での立場が上がり責任者に就任した際、スタッフが実施した現場のクレーム処理の多さや、同期社員とのモチベーションの差が悩みのタネに。そんな中、自分のような「多くの人達に必要とされるプロのお掃除人を沢山つくりたい」と思い、自身でハウスクリーニングの会社を立ち上げることをを決意しおそうじ革命を創業

では、なぜハウスクリーニングが今注目されているのでしょうか?
その要因は大きく分けて3つあると福井氏は考えています。

1.ハウスクリーニング業界は売り手市場

ここ10年間でハウスクリーニングの市場規模は2.5倍に拡大し、まだまだ成長の予測が出ている超・売り手市場。
どれだけテクノロジー技術が進歩しても、「衣・食・住」に関わる業態は生き残り続けるといわれています。
その中で、ハウスクリーニングは「住」の部分。
「キレイな住居で快適に過ごしたい」「キレイな環境で生きていきたい」という"人間の根源的な願望"を支える仕事であるため、今後も需要が見込め、さらに成長をし続けると予想。
その予想は当たり、各種調査結果によると今後は更に拡大するという調査データがあります。


成長市場
ハウスクリーニング関連
2,400億円
新市場
除菌・消臭
930億円
安定市場
ビルメンテナンス
3.9兆円

・ハウスクリーニング関連市場/富士経済ネットワークス(調査期間:2018年4月~8月)
・ビルメンテナンス市場/株式会社矢野経済研究所(調査期間:2017年7月~9月)
・除菌・消臭市場/芳香消臭脱臭剤協議会(調査期間:2018年度)

2.売掛・仕入れ在庫が少なく利益率が高い


福井氏はおそうじ革命独立時、手持ちの資金は殆どありませんでした。
それにもかかわらず独立できたのはなぜでしょうか?
「開業するにあたり大きな事務所や倉庫は必要なく、使用する道具も洗剤・ブラシ・雑巾など比較的安価かつ細々としたものが多いため、仕入れ在庫が少なく・利益率が高いことが起業しようと思った1つの理由です。」
さらに、ハウスクリーニングは現場作業完了時に現金またがクレジットカードで精算される場合が多く、売掛が少ないため、初期投資の回収も比較的容易に行えることをメリットとして挙げられていました。

3.とにかく喜ばれる仕事


新規事業として参入する絶対条件は、市場の「大きさ」と「成長性」など様々ありますが、仕事を長く続ける上で一番大切なことは、「モチベーション維持」だと考え、事業に必要なことは利用者に喜ばれること」「世の中のためになることだと語ります。
確かに、ハウスクリーニングが他業態と比較して圧倒的に違うのは、直接お客様のもとに伺って作業をし、その場で状況を確認していただくということ。
そしてそれは真面目にキッチリと仕事をすれば、「沢山喜ばれ、沢山感謝されること。お客様に感謝をしてもらいながらお金までもらえるというハウスクリーニングという仕事はすごい」と実感したそうです。

2015年より福井自身が経験してきた成功事例を「おそうじ革命」というブランドでフランチャイズパッケージ化し、2018年11月現在で加盟店数は170店舗まで拡大。
急成長を続けるおそうじ革命の短期目標は、2020年内に国内1,200店舗、海外進出です
目標達成のためには年300%を超える成長率が必要となるため、今後も引き続き加盟店オーナーを幅広く募集しております。

次ページ:なぜおそうじ革命は急成長できたのか?

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks